2015年03月10日

残響SHOP閉店の話

■2015年5月10日 残響SHOP閉店

本日(15年3月9日)、残響レコードが運営するレコード屋「残響SHOP」が15年5月10日いっぱいで閉店することが発表されました。




HPによると「通常業務と店の運営の両立が難しく続けることが困難」ということが主な理由のようです。渋谷でちょっとした時間が出来た際にはよく立ち寄っていたレコ屋なので個人的にもとても残念ですし、Twitter上でも閉店を惜しむ声が次々に寄せられています。


■革新的な手法が新鮮だった残響SHOP

残響SHOPといえば、「残響系」という括りを生み出した残響レコードが運営するだけあって、ポストロックやエモをベースにした勢いのある若手バンドに出会えるという圧倒的な安心感がありましたし、CDやLPだけでなく楽器周りの機材を取り扱っていることも新鮮でした。

また、アーティスト名やタイトルを隠したCDを視聴して気にいったモノを購入してもらうという「ブラインド販売」という手法はとても画期的でした。
誰かが編集した事前情報による先入観を徹底的に排除したうえで、自らの耳で聴いて良いと思ったモノを購入してもらうという手法は、情報戦によるPRが主流になっている状況に対するアンチテーゼ的なアプローチで「純粋に様々な音楽に触れてもらいたい」というショップ側の想いを体現したうえ、結果もしっかり出すという点で注目を集めていました。
参考:Drillspinコラム第34回:店頭のCDを見せずに聴かせたら売上が4倍に伸びた!

また、「残響塾」と称した音楽周りに関する様々なテーマのワークショップを店内とustreamで行う等、音楽との関わり方を消費者である客側と共に考えていくという試みも行い、とにかく音楽に対して自ら行動をとっていってる人達だなぁとの印象が強かったです。

ただ、個人的には残響SHOPの魅力は、音楽好きが集まって交流することができる「溜まり場」的要素だったのかな、と思います。
特に印象的だったのが店員でした。レコ屋の店員というと気難しく話しかけづらそうな強面系(こういう人は仲良くなるととても優しい)や、必要なことは話さず淡々と仕事を行う系(大手チェーン店に多い)のどちらかが多いんですよね(嫌いじゃないけど)。
ただ、残響SHOPの店員はいつも明るく、眺めているCDの紹介や目の前のお客さんが好きなアーティストに近いアーティストをリコメンドしてくれたりと積極的にコミュニケーションをとってくれます。また、好きな音楽や先日見たライブの話でお客さんと盛り上がっている姿を見かけることもしばしば。時には好きなアーティストがかぶったお客さん同士を店員が繋いでいるところをみたこともあります。概して音楽好きは自らが生活しているコミュニティで同じ温度感で盛り上がれる相手がいることが少ないため、こういう関わり合いは好意的に受け止められることが多いように思えます(逆に、静かに音楽を探したいって人には向かない店かもしれませんが・・・)

一人一人のお客さんと深いコミュニケーションを取っていくことは店の効率性という観点からはあまり好ましくないのかもしれません。店員の数もそこまで多いわけではないので、あるお客さんと盛り上がっていることによって他のお客さんの対応が遅れるという事態も起きかねます。
ただ、残響SHOPの店員たちを見ていると「この人たち、本当に音楽が好きなんだろうなぁ」と感じさせる接客を見ていると、そんな対応の遅れもどことなく許せてしまったり、「ちょっと時間が出来た時にここに来れば音楽の話をしながら時間を過ごせる」という安心感のもと、いつの間にか足を運びたくなっている自分に気が付きます。こういうコミュニティ要素は、一昔前にあった個人経営のレコ屋には見受けられたこともあったのですが、ここ最近はそういったレコ屋がなくなってきていたので、僕にとっては懐かしく、若い世代の子達にとっては新鮮かつ貴重だったのではないでしょうか。

CD不況と言われ街のレコード屋が次々に姿を消していく中、新たな取り組みで客とコミュニケーションしながら結びつきを強めていった残響SHOPは、ある意味でとても稀有で貴重な存在なのだと思います。閉店まではまだ時間があるので、僕もちょいちょい足を運んで交流を深めていこうと思っています。また、店長でありcinema staffのギタリストである辻君は都内にレコ屋をオープンさせるため行動しているとのことなのでこちらも要注目ですね。

ではではみなさん、渋谷は残響SHOPでお会いしましょう!
【関連する記事】
posted by Ai_Tkgk at 01:39| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

Spincoaster Music Barの話

■世界初のハイレゾ・アナログMusic Barが代々木に!

僕が大好きな音楽メディアのひとつがSpincoasterです。「心を震わされる楽曲との出会い」をコンセプトに、約20名のキュレーターがそれぞれお気に入りの楽曲を紹介するSpincoasterは、キュレーターそれぞれの個性が色濃く出たセレクションがとても面白く、新しい音楽(特に洋楽)との出会いの場としてよく覗いています。

そんな彼らが15年3月下旬、世界初のハイレゾ・アナログMusic Barをオープンさせるとの発表がありました。と同時に、Bar立ち上げのためのクラウドファンディング(※)もMakuakeにてスタートしています(開始2日で早くも目標100万円を達成!注目度の高さが伺えます)



※クラウドファンディングとは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語のこと(Wikipediaより)。ここ数年、音楽業界においてもクラウドファンディングを活用するケースが増えてきています。例えばアメリカではThe Mowgli'sBears and Companyがアルバム制作のための資金を集めたり、日本でも京都のSSW・YeYeがリトアニアでのライブ資金を集めるために使用したことも話題になりました。

実際、Barオープンの情報リリースと共に、音楽メディアのみならず多くのメディアに取り上げられていることからもこのBarの注目度の高さが伝わってきます。

Fashionsnap.com / ハイレゾ音源とアナログレコードを楽しめる世界初のミュージックバー立ち上げ 支援者募集
・・Real Sound / 世界初のハイレゾ&アナログ盤を楽しめる音楽バー実現へ Spincoasterがクラウドファンディングを開始
新宿経済新聞 / ハイレゾ音源とアナログレコードが楽しめる音楽バーが新宿に-クラウドファンディングも本日より開始
ガジェット通信 / 音楽キュレーションメディアSpincoaster、「高音質ミュージックBAR」のクラウドファンディング開始

Barの詳細については上記リンクから彼らの想いも含めて読んでもらいたいのですが、以下の理由からこのSpincoaster Music Barにとても期待をしていますし、全面的に応援していきたいと思っています。


■Spincoaster Music Barに期待する理由

spincoasterbar.jpg

@ハイレゾの普及
音楽好きの間ではにわかに盛り上がりつつあるハイレゾ。ipodをはじめとする携帯音楽プレーヤーで主流の音源フォーマットであるMP3に比べて約4倍の情報量がある、とかアーティストが実際にスタジオで聴いている音と同様の音がある、とか説明がなされる訳ですが、実際のところ「なんとなく高音質」くらいの認識の人がほとんどなのではないかと思います(僕自身もそうでした)。
こういうものは論より証拠、実際に体験してしまうことが一番です。実際、家電量販店でハイレゾウォークマンを視聴してみると音の凄さが体感できるわけですが、イヤホンやヘッドフォンはあくまでも「閉じた」状態で聴こえる音。ハイレゾは高品質のスピーカーで音の「空間的な広がり」がある環境で聴いた時に最大限のパフォーマンスを発揮できるということなので、Spincoaster Music Barの整える最高な環境を通じて本当の意味でのハイレゾを体感することで、ハイレゾを手に取る人が増え、結果としてハイレゾ音源をリリースするアーティストが増える契機となればな、と期待しています(このあたりはspincoasterキュレーターの1人・Nojima Kohei君のnoteを読んで頂くと伝わるものがあるかもしれません)

Aアナログ人気の更なる後押し
数年前から海外で話題になっていたアナログ人気の再燃が最近になって日本でも萌芽しつつあります。前述のハイレゾ音源もいいですが、「音楽をフィジカルな形で所有する喜び」をティーンエイジャーから現在にかけて享受
してきた世代としては、このアナログ人気はなんとも言えない嬉しさがあります。Spincoaster Music Barが整えるハイレゾ対応可な高スペックな音響環境を通してアナログを聴くことで、アナログ独特の音の魅力(くぐもった感じやいい意味でのざらつき)に触れ、特に若い人が興味を持ってくれたら嬉しいなと思います。また、このbarではボトルキープならぬ「レコードキープ」ができるようなので壁一面に飾られたアナログのジャケットを見て、音楽を形で所有する楽しみを実感できる人が増えることもまた期待しています。

B場の創出
コラムを担当しているOTOZINEのコラムでも以前触れたのですが、SNSの発展によりバーチャルなコミュニケーションが加速していくからこそ、顔を付け合わせて語り合うアナログかつリアルなコミュニケーションが重要性を帯びてきているのではないかと感じる今日この頃です。学生時代に多くの人が所属していたであろうサークルというものには、それぞれに「溜まり場」というものが存在していました。そもそもサークルは同じ趣味嗜好が持つ人たちの集まりなので、溜まり場に行けばたとえ一人であっても同志に出会え、お互いの共通の趣味について語り合ったり教えあったりと刺激を受けることができたものでした。Spincoaster Music Barは、そういった意味で音楽好きのための「溜まり場」になるのではないかと思っています。授業やバイト、仕事終わりにこの溜まり場に顔を出せば「音楽が好き」という共通点で結ばれた世代を超えた同志達がいる。日常を忘れ音楽について語り合い、刺激を与えあうことで単に人脈が広がるだけでなく将来的に音楽業界に影響を与えるなにかが生まれるきっかけになるかもしれない。そんなことを考えただけでワクワクしてくるんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と、長々と書いてしまいましたが、上記理由に加え、都心に趣味を楽しみながらお酒を飲むことができる行きつけのBarを持てるって、それだけでもとても嬉しいですよね(笑)。ぜひ音楽好きのみなさんで、僕らのための溜まり場を作る支援をしようじゃありませんか!!僕自身もゴールド会員になり、ちょくちょく顔を出すつもりなのでぜひ一緒にお酒を飲みましょう(笑)!

1月15日時点で目標金額は達成しているため、オープンは確実になったわけですが資金が増えれば増えるほど、きっと面白い何かに使ってくれると思うので興味のある方はぜひクラウドファンディングのページを覗いてみてください!


posted by Ai_Tkgk at 01:30| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

2014年マイベストアルバム〜邦楽編〜

前回のエントリー・2014年のマイベストアルバム(洋楽)に引き続き、今回は2014年のマイベストアルバム・邦楽編です。
※このベストアルバム企画は音楽だいすきクラブの2014年ベストアルバム企画にも参加予定。

ちなみに当ブログでのベストアルバム企画のルールは以下の通り。

@対象アルバムは2014年1月〜12月に発売されたもの(洋楽の場合、国内盤発売が対象期間内に該当)
A@に該当したアルバムの中から、「僕個人」が特に影響を受けたものを1位〜5位まで選出(ゆえに、売上げ枚数とか話題性、シーンへの影響度とかの考察ではないです)

前回同様、昨年(13年)の邦楽マイベストアルバムは以下の通りです(昨年は、順位をつけず5枚のノミネート作品からベストアルバムを1枚選出する方式でやりました)。

【ベストディスク】
bloodthirsty butchers / youth

【ノミネート】
クリープハイプ / 吹き零れる程のI、哀、愛
BRAHMAN / 超克
チャラン・ポ・ランタン / 悲喜劇
MOROHA / MOROHAU

ということで、以下が今年の5枚です。


(5位)THE BAWDIES / Boys!

The Bawdies.jpg

このアルバム、あまり話題になってないことが意外です、正直。
13年年末から14年初めにかけて盛り上がった音楽におけるルーツ問題なんてものもありましたが、今の邦楽ロックシーンにおいて自分達のルーツを参照しつつしっかりと自身の音楽に落とし込んでいるのが彼らとOKAMOTO'Sだと思います(若手だとgo!go!vanillasもいい感じ)。
3月にリリースした「GOING BACK HOME」で自分たちのルーツである50-60'sロックをこれでもかというくらいに楽しげにカヴァーしまくったこともあるのか、リズムギターのカッティングとリードギターでリフをしっかりと鳴らすシンプルなロックンロールの格好良さが、これまで以上にストレートに伝わってくるアルバムです。
特に、アルバムリード曲の「kicks」は、冒頭から続くリフと「HEY!」「pa!pa!pa!」等の随所にちりばめられたシンガロングポイントが、彼らの敬愛するルーツミュージックと今のロックシーンのテーマのひとつである「一体感」みたいなものが見事に溶け合っているナンバーに仕上がっていて最高です!





(4位)DRAGON ASH / THE FACES

dragon ash.jpg

97年のデビュー以来、常に新しい音とカルチャーを生み出す切り込み隊長のようだったDragon Ashも、気がつけば多くのフォロワーを持つベテランバンドとして後輩達から憧れられ、また鼓舞していく存在になっています(実際、ここ数年、彼らの初期の代表作であるViva La Revolutionをライブで披露する際、「駆け抜けよう共にこんな時代 繰り返すのは僕らの世代」を「繰り返すのは"君ら"の世代」と言い換えて歌うところが印象的です)。
ここ数年の彼らは「ロックバンドの格好良さの再提示」をテーマに掲げているように思えます。そんな彼らが今作でたどり着いたのは「原点回帰」なんじゃなかろうかと。最初期のアルバムに多く見受けられた楽器の生音にこだわる骨太な楽曲が多いうえに、最近の若手バンドに見られがちな若干後ろ向き・女々しさを感じる歌詞とは正反対な、前向きで泥臭く男らしいメッセージが強く打ち出されています(昨年のCDJで上半身裸で髪を短く切り込んだkjが「どいつもこいつも前髪垂らしたロックやってばっかだ。ロックバンドの格好良さ、見せてやるよ!」ってMCしてたのが印象的です)。特に、ライブ現場の滾る気持ちをぶっとい音と飾らないストレートな言葉で歌い上げる「The Live」は、間違いなくこのアルバムのハイライトです。





(3位)the HIATUS / Keeper Of The Flame

keeper of the flame.jpg

世代的にもELLEGARDENに少なからず影響を受けていた僕は、正直ハイエイタスの1stを聴いて苛立ちすら感じていたんです。バンド止めてまでやりたかったバンドがこれか、と。エルレでやれることなら人変えてやるなよ、と(これは思い入れが強すぎるが故の話なんですが)。
でも、このアルバム聴いて「the HIATUSとはなんなのか」がようやくわかった気がします。それぞれキャリアもテクニックも円熟しているメンバーを集め、空間的な広がりを意識した音の構築やシンセを中心に様々な音を重ねあわせて「ゆらぎ」を表現していくさまは、まさにハイエイタス唯一無二の音です。リードシングル「Horse Riding」は圧巻で、ポリリズミックなドラムにアコースティックの旋律、ピアノが絡まりあって盛り上がっていく構成に「あぁ、ハイエイタスでこういうことがやりたいのか」と深くうなづいてしまいました。このアルバム出てからライブを見てないので、どう表現されるのか楽しみです。





(2位)大森靖子 / 洗脳

大森.jpg

夏のFUJI ROCKでカノジョのライブを見て以来、心をがっしりと掴まれてしまいました。
2014年の夏、各地のフェスに出るたびにセンセーショナルな話題を振りまき、その破天荒な行動(実際にはそれもしっかりとした意図に裏打ちされてるわけですが)にばかり注目が集まっていた大森靖子。そんなカノジョがいかに音楽的に成熟しているかということを見せつけたのがこのアルバムだと思います。即ち、カノジョを語る上で注目すべきはその破天荒さではなく、その溢れんばかりの音楽的センスだということ。前述の行動は全て、その音楽を聴き入らせるための手段でしかないのですから。
僕は、大森靖子という人はとても頭が良くて1フレーズ選びの天才だと思っています。例えば「ノスタルジックJ-POP」では「新曲いいね 踊れないけど」と今のロックシーンを皮肉ってみたり、「きゅるきゅる」では「ググって出てくるとこならどこへだっていけるよね」とインターネット検索社会の本質のなさを揶揄ってみたり、「デートはやめよう」では「コンビニで一番高いアイスでエロいことをしよう」と小悪魔風に見えて不器用な女のコを生み出してみたり。。。。カノジョの言葉選びひとつひとつが色鮮やかに楽曲を浮き立たせます。
正直、今のJ-POPシーンにおいて頭が切れる上で行動を仕掛ける彼女の存在は異物感がかなりあるわけですが、その異物感は今確実に必要なものなんだと思います。15年、さらなる飛躍をすることは間違いなしですね。





(1位)ROTH BART BARON / The Ice Age〜ロットバルトバロンの氷河期〜

roth.jpg

森は生きている、吉田ヨウヘイグループ等々、今年は東京のインディーシーンに光が当たった年でした。そんな中でもダントツでROTH BART BARONを聴いたなぁという実感です。こういう東京のインディーシーンが注目されているのって、ここ数年邦ロック(あえてこう書きます)のメインムーブメントになりつつある四つ打ちシーンへの反動だと思うんです。ROTH BART BARONの音楽は、管弦を何重にも重ねながら高音でよく伸びるファルセットを乗せて歌うことで一聴するとすごく異国情緒、特に北欧を感じさせる壮大な楽曲を作り上げます。ただ、彼らの音楽を通して見えてくる風景は北欧のそれでなく、寒風吹き抜ける無機質な日本のビル街や農村の温かい光だったりして、実はものすごく「日本の音」を鳴らしてるんじゃないかと思うんです(実際、Vo.の三船君曰くロットの音楽は昭和初期の唱歌に影響を受けているとのこと)。
アルバムタイトル自体は「氷河期」なんだけどアルバムが進むにつれて雪解けが始まって暖かさが増し、最終曲の「オフィーリア」が始まる頃には春の陽光が差し込んでいるのも不思議。






今年は個人的にも結構「原点回帰」を意識した年でした。ここ数年、音楽の趣味の幅がどんどん広がって、新しいジャンルやミュージシャンとの出会いが増えている一方で、原体験となる中学・高校時代にそれこそ盤が擦り切れるまで聴いたロックミュージック(いわゆるロッキンオン周り)に触れることが少なくなっていたなぁと感じていました。そこで、今年はあえてそういうバントたちの新作はできる限り聴く、みたいなことを繰り返してきました。結果、ものすごくいい作品たちが出ていることも知れたし、色々なことに対する許容性が広がっている自分にも気がつけました。
来年も選り好みせず、本当に色々な音楽に触れる中でグッドミュージックに出会っていけることを期待しています!!(と、最後はグダグダになっちゃいました・・・・笑)


ラベル:邦楽 企画
posted by Ai_Tkgk at 02:11| Comment(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。