2014年04月21日

RECORD STORE DAYに参加してみて vol.1

4月19日(土)は「RECORD STORE DAY 2014」(以下、RSD)。
これまでは、気になるものの身近な存在でなかったRSDですが、昨年末にレコードプレーヤーを手に入れた事もあり、今年は当事者として初参加してきました。

ということで、RSD初参加の雑感を2回に分けて簡単に書いてみます。
今回は、そもそもRSDってなんなのか、日本の状況と2014の様子(実感レベル)について簡単に纏めました。


■そもそもRECORD STORE DAYとは?




僕のブログでは(勝手に)御馴染みのFLAKE RECORDS・ダワさんのツイート。

RECORD STORE DAYとは、レコード屋とアーティストが一体となって、近所のレコード屋に"直接足を運び"、 "CDやアナログレコードを手にする面白さ"や"音楽の楽しさを共有"する、年に一度の「祭典」のことです。2007年にアメリカでスタートして以来、4月の第3土曜日に開催されています。毎年、限定盤のアナログレコードやCD、グッズなどがリリースされると共に、この祭典を盛り上げるために多くのアーティストが世界中のレコード屋でライブやイベントを行っています。(RECORD STORE DAY JAPANのHPより内容抜粋)

ちなみにRSDでは、毎年ビッグアーティストがアンバサダー(大使)に就任することでも有名です。過去にはメタリカ、イギー・ポップ、ジャック・ホワイト等そうそうたる面々が名を連ね、2014年はパブリックエネミーのチャック・DがHIP HOP畑から初のアンバサダーに就任した事も話題になりました。

日本ではRECORD STORE DAY JAPAN(以下、RSDJ)として2012年にスタート。3回目の開催となる今年は、アナログ好きとしても知られるASIAN KUNG-FU GENERETIONのゴッチ氏が国内初のアンバサダーに就任したことで、いよいよ日本でもRSDが本格的に盛り上がるのでは??と開催前から期待の声があがっていたのを覚えています。


■今年のRSDJはどうだったの??

まだなんらの公式データも発表されていないので何とも言えませんが、個人的な感覚としては、「今年のRSDJは昨年に比べてかなり盛り上がったなぁ」というものです。

僕はこれまで参加はしていなかったものの、4月の第3週土曜日はこっそりTwitterを覗いていましたし、様子見に街中を歩いたりしていました(笑)で、TL上で呟かれている量も、街中で見かけるレコード袋を抱えている人の数も、昨年に比べて圧倒的に多い印象を受けました。実際、「朝イチで出たのにお目当てのレコード売り切れてた!」や「人が多すぎてお店に入れない!」なんて声がTL上に飛び交い続けていました。










なんで今年はこんなに盛り上がったのかなぁ、とか考えてるんですけど、パッと思いつく理由はこんな感じです。

@ゴッチ氏のアンバサダー就任
自ら運営するレーベルからアナログをリリースし、Twitterやブログ等で日頃からアナログ愛を語っている点に加え、幅広い層から支持を受けるロックバンド・ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカルを務めるゴッチ氏。

おそらくそんなゴッチ氏は、アナログ好きからの好感度も高く、かつアナログやレコード屋にちょっと距離を感じる若い世代にも身近に感じられる存在。彼がこの祭典の「顔」になったことが結果的に昨年までよりも幅広い層にリーチできた理由のひとつなのではないかな、と感じます。


ARSDJ限定アナログのリリース増
RSDJのHPによると、過去3回のRSDJ限定商品のリリース数は以下の通りです。

・2012年:4作品
・2013年:14作品
・2014年:44作品

<参考>
RSDJ2012/2013のリリース作品
RSDJ2014のリリース作品

2014は2013の約3倍ものリリースがあったわけです。もちろんその中にはロックだけでなくHIP HOPやエレクトロニカ、フォークにアイドルと非常に多岐にわたるジャンルからラインナップされており、その分だけRSDJに興味を持った層が増えたのではないか、と考えられます。

加えて、今年のラインナップにはアジカンやきゃりーぱみゅぱみゅ、サンボマスター、くるり、木村カエラというようないわゆるチャートの上位に顔を出す知名度の高いアーティストのラインナップが増えた事で、レコードに馴染みが薄い層にも興味を持たせる事ができたのではないかと思います。


BRSDJ参加店舗の増加
RSDJ 2014では全国各地のレコード屋が約100件参加しています。残念ながら2012と2013の参加ショップ一覧を見つける事ができなかったので正確な数は分かりませんが、昨年に比べて確実に参加店舗数は増えたのではないかと思います。

特に影響力が大きかったのがレコード屋最大手・タワーレコードの大規模参加。音楽好きにとって身近な存在のタワレコの参加によって「音楽は好きだけどアナログは持ってません」という人達が、土曜にタワレコ寄ったらRSDJやってたので普段触れないアナログ触れてみよう(場合によっては記念に7インチ1枚買ってみよう)というきっかけになりえたのではないかと思います。

※ただ、RSDへの大型レコード屋の参加を手放しで喜んでいいんだろうか、なんて感じる部分もありました。それはまた改めて。

<参考>
RSDJ2014の参加店舗一覧
==================================================

ということで、次回は僕自身の当日の動きや購入商品、そしてRSDに初参加してみて感じた事を簡単に書いてみたいと思います。鉄は熱いうちに、ということで早めに更新する予定です!
posted by Ai_Tkgk at 22:58| Comment(0) | 考察・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。