2014年07月03日

私的RSRガイドVol.2 〜移動と前泊編〜

前回のVol.1〜チケット購入編〜に引き続き、今回は「移動」と「前泊」について書いてみたいと思います。

僕が東京に住んでおり、かつ毎回前日入りしていますので、「移動」については、「東京〜北海道」、「前泊」については前日に僕が泊まっている場所(選び方)を中心に紹介しようと思っています。


■北海道までのアクセスについて

RSRは北海道の石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージで行われますが、この遠さが参加に対する高いハードルになっている部分は大きいと思います。実際、このハードルを越えてしまえば、北海道は石狩平野の美しい景色に囲まれて、最高な音楽が鳴り響く「非日常」に浸れるわけですが、お金や時間も含め、最初にして最大(?)の壁とも言えるわけです。

北海道に上陸するための手段としては、以下3つが考えられます。
@電車(陸路)で行く
Aフェリー(海路)で行く
B飛行機(空路)で行く

@電車(陸路)で行く

「時間はある、でもお金は厳しい!」という人向けコースです。

北海道&東日本パス(普通列車限定)

(JR北海道線、JR東日本線、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、北越急行線及び富士急行線の普通列車 ※快速含む)
連続する7日間乗り降り自由 : ¥10,290 
所要時間 : 最短約24時間

原則、普通列車にしか乗ることができませんが(急行に乗る場合は別途急行券を購入すれば利用可能)、北海道まで格安での往復が可能ですが、最短でも24時間かかりますし、フェス前に著しく体力を奪われる事になるのであまりオススメはできません。。。。


Aフェリー(海路)で行く

さんふらわあ (商船三井フェリー)

茨城県の大洗港から北海道の苫小牧港に入るコースです。

大洗→苫小牧 : 最安値 ¥14,910(エコノミールームでの移動)
苫小牧→大洗 : 最安値 ¥14,910(同上)
所要時間 : 約18時間(運航時間)
発売期間 : 乗船2ヶ月前の同日午前9時から

東京から大洗、苫小牧から札幌までの移動も考えなければなりませんが、価格が魅力的かつフェリーに乗っている間は横になる事ができるので移動費を節約したい、かつ休みたい人には検討すべき手段のひとつです。
バイクや車でも乗れるので、北海道での移動手段に自家用車を検討している人には一番良いプランですね。
ただ、休めると言っても移動時間がなかなか長く、正直辛い所があります。


B飛行機(空路)で行く

ということでかなり時間的にかなり現実的な手段がこの飛行機です。
僕自身もこの手段を一番オススメしています。

飛行機を使う場合、ある程度自分のスケジュールに合わせて東京を出発でき、約2時間で新千歳空港につけてしまうのはとても魅力的ですがやはり飛行機チケットの高さが頭を悩ませます。

ということで、LCCであるJetstarを利用する人が多いようです。

8月14日(木):約¥15,000
8月17日(日):約¥25,000

およそ¥40,000前後で往復が可能です。ただJetstarの場合、成田空港まで行く必要がありますし、LCCだけあって座席が狭いです。また、トランク1つと手荷物1つ以外は追加料金がかかってしまうのでキャンプを行う人の場合、さらに費用がかかる可能性があります(RSR現地に荷物を送る事ができますが、とはいえ着替え等は持参すると思うので荷物は多くなります)。

そこで、僕が毎回行っている方法を紹介したいと思います。それは、ANAの株主優待券を使用して羽田空港−新千歳空港間を往復することです。

羽田空港→新千歳空港 8/14(木):¥20,240(通常:¥40,190)
新千歳空港→羽田空港 8/17(日):¥20,240(通常:¥40,190)

ANAでは株主優待券を使用すると通常価格の50%でチケットを購入する事ができます。今のところ、今年は往復で約¥40,000で往復ができるみたいです(Jet Starとほぼ一緒!)。

ただ、多くの人が「いや、僕(私)株主じゃないし」と思われていると思います。かくいう僕も株主ではありません。じゃあどうしているのか。「金券ショップ」で購入しています。金券ショップに行くとほぼ間違いなくANAの株主優待券が売っています。年間通じて多少価格の上下はありますが、大体1枚¥4,000くらいです。なので2枚購入した場合¥8,000。飛行機チケットと合わせると約¥50,000とJet Starより¥10,000程高くなりますが、アクセスが良い羽田空港を利用でき、荷物制限がない状態で乗れるというのは魅力的です。そしてなにより体力を使い切った帰り便は広い座席のANAはとても助かります。ということで、僕は毎回この方法で北海道に入っています(帰りはお土産も多くなりますしね)


■前泊について

RSRの初日15日(金)は15時からライブスタートですが、実際テントを張ったり食事をしたりを考えると、スケジュールの都合がつく限り前日の木曜日には北海道に入っておきたいところです(上記「移動」のスケジュールも前日入り前提になっています)。

となると、前日の宿泊場所という問題が出てくる訳です。僕はエリアとしては札幌市営地下鉄「豊水すすきの駅」周辺をオススメします。理由は以下の通りです。

@会場最寄り駅の地下鉄南北線「麻生駅」まで20分程度
 ※豊水すすきの駅から歩いて5分程度の「すすきの駅」を利用
Aビジネスホテルを中心に宿泊施設が多い
 ※8月14日は一泊¥7,000〜8,000前後
B札幌イチの繁華街「すすきの」が近いため飲み屋が多く、北海道の幸を堪能できる
 ※すすきのの中心地からは離れているため比較的静かであることも魅力の一つ

ちなみに、僕はRSR当日に会場で友人と合流するため、前泊はぼっちであることがほとんどです。僕はぼっちがとても苦手なうえ(笑)、明日から始まるフェスの話題を誰かと共有しながらお酒でも飲みたい、という気持ちが強いため、必ずゲストハウスに泊まるようにしています。

その中でも予約が取れる限り、必ず泊まるようにしているのがTIME PEACE APARTMENTです。豊水すすきの駅から徒歩5分程度でアクセスがよく、なによりマスターが気さくでとても和みます。また、ゲストハウス形式なので複数名の相部屋になります(1人につきベッド1つがプライベートスペースとして与えられます)が、一階にはラウンジがあり他の宿泊者と交流することができます。ちなみにRSR前日は宿泊者全員がほぼRSR参加者で、ぼっちの人も多く、大体ラウンジで意気投合し、そのままみんなで飲みにいくというケースがほとんどになります(笑)僕は大体毎年ここで仲間を作り、翌日以降も会場で一緒にお酒を飲んだりしていますし、東京に戻った後も交流が続いている大事な友達も多くできています。一人で寂しいこともなく、明日から始まるフェスと音楽の話で寝るのを忘れるくらい盛り上がれる、そんな素敵な夜を過ごす事ができるのでオススメです!


ということで、今回は移動と前泊について書きましたが、次回は装備について書きたいと思います。
posted by Ai_Tkgk at 00:08| Comment(0) | フェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。