2015年01月15日

Spincoaster Music Barの話

■世界初のハイレゾ・アナログMusic Barが代々木に!

僕が大好きな音楽メディアのひとつがSpincoasterです。「心を震わされる楽曲との出会い」をコンセプトに、約20名のキュレーターがそれぞれお気に入りの楽曲を紹介するSpincoasterは、キュレーターそれぞれの個性が色濃く出たセレクションがとても面白く、新しい音楽(特に洋楽)との出会いの場としてよく覗いています。

そんな彼らが15年3月下旬、世界初のハイレゾ・アナログMusic Barをオープンさせるとの発表がありました。と同時に、Bar立ち上げのためのクラウドファンディング(※)もMakuakeにてスタートしています(開始2日で早くも目標100万円を達成!注目度の高さが伺えます)



※クラウドファンディングとは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語のこと(Wikipediaより)。ここ数年、音楽業界においてもクラウドファンディングを活用するケースが増えてきています。例えばアメリカではThe Mowgli'sBears and Companyがアルバム制作のための資金を集めたり、日本でも京都のSSW・YeYeがリトアニアでのライブ資金を集めるために使用したことも話題になりました。

実際、Barオープンの情報リリースと共に、音楽メディアのみならず多くのメディアに取り上げられていることからもこのBarの注目度の高さが伝わってきます。

Fashionsnap.com / ハイレゾ音源とアナログレコードを楽しめる世界初のミュージックバー立ち上げ 支援者募集
・・Real Sound / 世界初のハイレゾ&アナログ盤を楽しめる音楽バー実現へ Spincoasterがクラウドファンディングを開始
新宿経済新聞 / ハイレゾ音源とアナログレコードが楽しめる音楽バーが新宿に-クラウドファンディングも本日より開始
ガジェット通信 / 音楽キュレーションメディアSpincoaster、「高音質ミュージックBAR」のクラウドファンディング開始

Barの詳細については上記リンクから彼らの想いも含めて読んでもらいたいのですが、以下の理由からこのSpincoaster Music Barにとても期待をしていますし、全面的に応援していきたいと思っています。


■Spincoaster Music Barに期待する理由

spincoasterbar.jpg

@ハイレゾの普及
音楽好きの間ではにわかに盛り上がりつつあるハイレゾ。ipodをはじめとする携帯音楽プレーヤーで主流の音源フォーマットであるMP3に比べて約4倍の情報量がある、とかアーティストが実際にスタジオで聴いている音と同様の音がある、とか説明がなされる訳ですが、実際のところ「なんとなく高音質」くらいの認識の人がほとんどなのではないかと思います(僕自身もそうでした)。
こういうものは論より証拠、実際に体験してしまうことが一番です。実際、家電量販店でハイレゾウォークマンを視聴してみると音の凄さが体感できるわけですが、イヤホンやヘッドフォンはあくまでも「閉じた」状態で聴こえる音。ハイレゾは高品質のスピーカーで音の「空間的な広がり」がある環境で聴いた時に最大限のパフォーマンスを発揮できるということなので、Spincoaster Music Barの整える最高な環境を通じて本当の意味でのハイレゾを体感することで、ハイレゾを手に取る人が増え、結果としてハイレゾ音源をリリースするアーティストが増える契機となればな、と期待しています(このあたりはspincoasterキュレーターの1人・Nojima Kohei君のnoteを読んで頂くと伝わるものがあるかもしれません)

Aアナログ人気の更なる後押し
数年前から海外で話題になっていたアナログ人気の再燃が最近になって日本でも萌芽しつつあります。前述のハイレゾ音源もいいですが、「音楽をフィジカルな形で所有する喜び」をティーンエイジャーから現在にかけて享受
してきた世代としては、このアナログ人気はなんとも言えない嬉しさがあります。Spincoaster Music Barが整えるハイレゾ対応可な高スペックな音響環境を通してアナログを聴くことで、アナログ独特の音の魅力(くぐもった感じやいい意味でのざらつき)に触れ、特に若い人が興味を持ってくれたら嬉しいなと思います。また、このbarではボトルキープならぬ「レコードキープ」ができるようなので壁一面に飾られたアナログのジャケットを見て、音楽を形で所有する楽しみを実感できる人が増えることもまた期待しています。

B場の創出
コラムを担当しているOTOZINEのコラムでも以前触れたのですが、SNSの発展によりバーチャルなコミュニケーションが加速していくからこそ、顔を付け合わせて語り合うアナログかつリアルなコミュニケーションが重要性を帯びてきているのではないかと感じる今日この頃です。学生時代に多くの人が所属していたであろうサークルというものには、それぞれに「溜まり場」というものが存在していました。そもそもサークルは同じ趣味嗜好が持つ人たちの集まりなので、溜まり場に行けばたとえ一人であっても同志に出会え、お互いの共通の趣味について語り合ったり教えあったりと刺激を受けることができたものでした。Spincoaster Music Barは、そういった意味で音楽好きのための「溜まり場」になるのではないかと思っています。授業やバイト、仕事終わりにこの溜まり場に顔を出せば「音楽が好き」という共通点で結ばれた世代を超えた同志達がいる。日常を忘れ音楽について語り合い、刺激を与えあうことで単に人脈が広がるだけでなく将来的に音楽業界に影響を与えるなにかが生まれるきっかけになるかもしれない。そんなことを考えただけでワクワクしてくるんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と、長々と書いてしまいましたが、上記理由に加え、都心に趣味を楽しみながらお酒を飲むことができる行きつけのBarを持てるって、それだけでもとても嬉しいですよね(笑)。ぜひ音楽好きのみなさんで、僕らのための溜まり場を作る支援をしようじゃありませんか!!僕自身もゴールド会員になり、ちょくちょく顔を出すつもりなのでぜひ一緒にお酒を飲みましょう(笑)!

1月15日時点で目標金額は達成しているため、オープンは確実になったわけですが資金が増えれば増えるほど、きっと面白い何かに使ってくれると思うので興味のある方はぜひクラウドファンディングのページを覗いてみてください!


【関連する記事】
posted by Ai_Tkgk at 01:30| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。